フォローアップ(二次検査)について

健康診断の結果、要精密検査、要治療と判定された方は、二次検査を受診してください。
かかりつけ医、もしくは専門の医療機関で受診されることをおすすめします。
何科を受診したら良いかなどご不明な点がございましたら、やわた健診センターまで
お問い合わせください。

グループ連携で健康をトータルにサポートします。

フォローアップ(二次健診)<予防・口腔ケア・健康増進・医療>

TEL:0761-47-1216 ご予約受付/10:00~16:00 休診日/日曜・祝日、第2・4・5土曜、年末年始・お盆

労災保険による二次健康診断

電話予約の際は「労災二次健康診断」とお申し出ください。
この健康診断給付は、脳・心臓疾患を起こす危険性が高いと判断された方々に対して、さらにくわしい検査や、これらの予防のための保健指導を無料で受けることができる制度です。

健康診断より3カ月以内に検査が必要です。
※ただし、会社の事業主の方や脳血疾患・心臓病を発症している方は対象外になります。

二次健診の内容(所要時間:約2時間)

  • 空腹時血液検査
  • 胸部超音波検査(心エコー検査)
  • 頚部超音波検査(頚部エコー検査)
  • 微量アルブミン尿検査

検査日の持参物

二次健康診断等給付請求書(事業主・本人の印が必要)、健康保険証
健康診断の結果(他の医療機関で診断した方)

参考:対象者は一時健康診断の結果において下記に該当する場合です。
 1.血圧
 2.血中脂質
 3.血糖
 4.腹囲またはBMI(肥満度)の検査

これら全ての項目が有所見となった方が対象です。ただし、一時健診の結果、1から4の検査項目において異常所見なしと判断された場合であっても、事業所の産業医が、診断を受けた労働者の就業環境などを総合的に勘案し異常所見があると判断した場合には、受診可能となります。

特定保健指導

平成20年4月より40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者を対象に、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための保健指導が実施されています。各医療保険者は実施が義務づけられています。健診センターでは、ほぼ全ての医療保険者への対応が可能です。ご加入の医療保険によっては健康ドック受診当日の特定保健指導も行っています。

ページの先頭へ